業務用イタリア食材・ワイン通販 Work-Italia

カートの中身

カートの中に商品はありません

カートの中身を見る

メールマガジン


2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
【営業日】
月〜金 9:00〜18:00(土日・祝日休み)
ショップ休み:定休日

Feed




各種カードご利用頂けます
//img15.shop-pro.jp/PA01239/897/etc/tsuya_visa%BE%AE.png?20130930160058//img15.shop-pro.jp/PA01239/897/etc/tsuya_master%BE%AE.png?20130930160114//img15.shop-pro.jp/PA01239/897/etc/tsuya_jcb%BE%AE.png?20130930160135//img15.shop-pro.jp/PA01239/897/etc/tsuya_amex%BE%AE.png?20130930160151//img15.shop-pro.jp/PA01239/897/etc/tsuya_diners%BE%AE.png?20130930160217

  

ピアーノ・ディ・モンテヴェルジネ タウラージ・リゼルヴァ 2007年 750ml【数量限定】

イタリア食材・ワイン画像
イタリア・カンパーニア産
フェウディ・ディ・サン・グレゴリオの赤ワイン
ピアーノ・ディ・モンテヴェルジネ タウラージ・リゼルヴァ 2007年

単一畑のタウラージ・リゼルヴァ。ステンレスタンクで1〜2週間26℃でアルコール発酵を行い、その後ミディアムトーストのフレンチオークバリック(小樽)で18ヶ月間熟成させます。輝きのある深いルビー色、黒イチゴやプルーンを思わせる熟した果実のニュアンス、ミントやスパイスの香り。引き締まった繊細な酸がワイン全体のバランスを整えていて、タンニンはエレガントでなめらか。持続性が長く、リコリス(甘草)やチェリーの後味を感じる逸品です。
常温ワイン限定ワイン
 
商 品 詳 細
ワイナリー フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ
容量 750ml
産地(州) カンパーニア
タイプ 赤ワイン
ブドウ品種 アリアニコ
格付 DOCG(DOP)
ボディ フル
飲み口 辛口

//img15.shop-pro.jp/PA01239/897/etc/1%A5%E9%A5%A4%A5%F3.jpg?20130701113851
ワインの発送方法はこちら
//img15.shop-pro.jp/PA01239/897/etc/1%A5%E9%A5%A4%A5%F3.jpg?20130701111236
//img15.shop-pro.jp/PA01239/897/etc/%A5%D5%A5%A7%A5%A6%A5%C7%A5%A3%A1%A6%A5%C7%A5%A3%A1%A6%A5%B5%A5%F3%A1%A6%A5%B0%A5%EC%A5%B4%A5%EA%A5%AA%BC%D2.jpg?20130704171910所在地:イタリア・カンパーニア州 アヴェッリーノ県 ソルボ・セルピコ
設立:1986年
ナポリで知られるカンパーニア州の内陸部に広がる丘陵地帯は、古代ローマ帝国の時代からワイン造りの盛んな土地でした。特にグレゴリオ教皇(A.D.590-604)は旧アッピア街道沿いに広がる丘陵地、サンニオ、イルピニア一帯にブドウ栽培を奨励し、ワイン造りの伝統を築いた人です。この偉大なグレゴリオ教皇に敬意を表し“フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ”(=聖グレゴリオの領地)を社名に冠したこのワイナリーは、土壌と土着品種に徹底的にこだわり、ミラノ大学やナポリ農業大学と共同で農学研究を行い、最新のテクノロジーを駆使したワイン造りを行っています。 個々のブドウが持つアロマを最大限に引き出した、果実味あふれる赤ワインやすばらしい芳香を持つ白ワインの数々が特徴的で、同社の業績は、従来のカンパーニアワインのイメージを刷新するだけでなく、イタリアワインの新潮流ともなっています。
//img15.shop-pro.jp/PA01239/897/etc/1%A5%E9%A5%A4%A5%F3.jpg?20130704171825
//img15.shop-pro.jp/PA01239/897/etc/%A5%D5%A5%A7%A5%A6%A5%C7%A5%A3%A1%A6%A5%C7%A5%A3%A1%A6%A5%B5%A5%F3%A1%A6%A5%B0%A5%EC%A5%B4%A5%EA%A5%AA%BC%D21.jpg?20130704172049また、「カンパーニア・スプマンテへの挑戦」として、シャンパーニュRM(※)の有名な造り手「ジャック・セロス」とのコラボレーション・プロジェクトが新たに始まりました。 カンパーニア州の土着ブドウをシャンパーニュ方式で仕上げたこのスパークリングワインは、発売以来世界中で評判になっています。
//img15.shop-pro.jp/PA01239/897/etc/1%A5%E9%A5%A4%A5%F3.jpg?20130702194630
//img15.shop-pro.jp/PA01239/897/etc/%A5%D5%A5%A7%A5%A6%A5%C7%A5%A3%A1%A6%A5%C7%A5%A3%A1%A6%A5%B5%A5%F3%A1%A6%A5%B0%A5%EC%A5%B4%A5%EA%A5%AA%BC%D23.jpg?20140719153948 白ワイン品種:フィアーノ
●ブドウの特徴:
中程度からやや小さめの岐肩をもつ円錐形で粒同士が密着しています。 果皮が強く蝋質で、いろいろなタイプの土壌に対して適応性が高い特性を持っています。 また、病気に強く貴腐菌がつきやすいのが特徴です。

●由来:
イタリア南部の古代品種で、その栽培の歴史はローマ時代に さかのぼり、アヴェッリーノ近郊のLapiaラピア地区 (旧称はApia)に由来すると言われています。カンパーニアに おける栽培は、すでに12世紀の終わりか13世紀のはじめに始まっていました。

//img15.shop-pro.jp/PA01239/897/etc/1%A5%E9%A5%A4%A5%F3.jpg?20130702194630
//img15.shop-pro.jp/PA01239/897/etc/%A5%D5%A5%A7%A5%A6%A5%C7%A5%A3%A1%A6%A5%C7%A5%A3%A1%A6%A5%B5%A5%F3%A1%A6%A5%B0%A5%EC%A5%B4%A5%EA%A5%AA%BC%D24.jpg?20140719154154 白ワイン品種:グレコ
●ブドウの特徴:
果房はやや小さめの円錐形。2房に見えるほどの大きな岐肩を持ち、 粒同士が密着しています。果皮は薄く黄色がかった灰色で、日が当たる箇所は 明るい茶色に見え、やわらかくなります。

●由来:
グレコとはギリシャの意味。この品種の起源はギリシャであると考えられています。 紀元前7〜8世紀ごろにギリシャ移民によって持ち込まれたという説と、 古代ギリシャの非ヨーロッパ系先住民のペラスゴイ人によって プーリアのテッサリアに持ち込まれたという説があります。

//img15.shop-pro.jp/PA01239/897/etc/1%A5%E9%A5%A4%A5%F3.jpg?20130702194630
//img15.shop-pro.jp/PA01239/897/etc/%A5%D5%A5%A7%A5%A6%A5%C7%A5%A3%A1%A6%A5%C7%A5%A3%A1%A6%A5%B5%A5%F3%A1%A6%A5%B0%A5%EC%A5%B4%A5%EA%A5%AA%BC%D25.jpg?20140719154417 白ワイン品種:ファランギーナ
●ブドウの特徴:
果房は中程度よりやや大きめの長円錐形。 着粒密度はあまり密ではなく、果粒は丸く均一の形をしています。

●由来:
ギリシャ移民がカンピ・フレグレイ地域に持ち込んだものと言われています。 樹勢が強いため、支柱としてラテン語でFalangaと呼ばれる竿に ブドウの樹をくくりつけていたからという説があります。

//img15.shop-pro.jp/PA01239/897/etc/1%A5%E9%A5%A4%A5%F3.jpg?20130702194630
//img15.shop-pro.jp/PA01239/897/etc/%A5%D5%A5%A7%A5%A6%A5%C7%A5%A3%A1%A6%A5%C7%A5%A3%A1%A6%A5%B5%A5%F3%A1%A6%A5%B0%A5%EC%A5%B4%A5%EA%A5%AA%BC%D26.jpg?20140719154545 赤ワイン品種:アリアニコ
アリアニコは晩熟タイプ、濃厚で酸があり、栽培するのも醸造するのも難しいブドウです。
また、タンニンが豊富なため、なめらかな味わいになるのに時間がかかりますが、十分な酸度のおかげで、長期熟成にも耐えることができるのです。
ブドウの樹勢は中程度で多産タイプ、房は円筒形で岐肩があり、中程度の着粒、濃い色合いで、ときどき緑色を帯びた果実も見られます。さらさらした土壌(砂質土壌)で、日当たりのよい温暖な地域の畑に適しています。

アリアニコの伝統的な仕立ては「Tennecchia(テンネッキア)」と呼ばれる、桜の木などの生きている木を支えとして幅広く高く枝が伸びるタイプの仕立てです。
テンネッキア仕立ては、火山質土壌の畑だけで採用される伝統的な仕立て方のひとつで、イルピニア地域では古くからこの仕立て方が使われ、土壌からの養分を十分に吸収するのに適した仕立てとされていました。ブドウ樹の背は高く(2m以上のものもある)樹の足元では、自家消費用の野菜が植えられていました。

フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ社では近年、コルドン・スペロナートやグイヨーなどの近代的な仕立てを採用していますが、今でも、この地の伝統に則ったテンネッキア仕立ての畑もあり、収穫数量は非常に限定的ですが、セルピコのブドウはこのテンネッキア仕立てのブドウから造っています。

//img15.shop-pro.jp/PA01239/897/etc/1%A5%E9%A5%A4%A5%F3.jpg?20130702194630
◆未成年者の飲酒は法律で禁止されています。お酒は20歳になってから ◆
//img15.shop-pro.jp/PA01239/897/etc/1%A5%E9%A5%A4%A5%F3.jpg?20130702194630
型番 31-7720

商品レビュー

ピックアップ商品