業務用イタリア食材・ワイン通販 Work-Italia

カートの中身

カートの中に商品はありません

カートの中身を見る

メールマガジン


2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
【営業日】
月〜金 9:00〜18:00(土日・祝日休み)
ショップ休み:定休日

Feed




各種カードご利用頂けます
https://img15.shop-pro.jp/PA01239/897/etc/tsuya_visa%BE%AE.png?20130930160058https://img15.shop-pro.jp/PA01239/897/etc/tsuya_master%BE%AE.png?20130930160114https://img15.shop-pro.jp/PA01239/897/etc/tsuya_jcb%BE%AE.png?20130930160135https://img15.shop-pro.jp/PA01239/897/etc/tsuya_amex%BE%AE.png?20130930160151https://img15.shop-pro.jp/PA01239/897/etc/tsuya_diners%BE%AE.png?20130930160217

  

ヴィニエティ デル ヴルトゥーレ社

ヴィニエティ デル ヴルトゥーレ社
濃厚で柔らかい、衝撃のおいしさ/ファルネーゼがバックアップ
《オーナー》 ファルネーゼ ヴィニ
《エノロゴ》 マルコ フラッコ、アルベルト アントニーニ、デニス ヴェルディキア
《葡萄園》 170ha

https://img15.shop-pro.jp/PA01239/897/etc/%A5%F4%A5%A3%A5%CB%A5%A8%A5%C6%A5%A3%A1%A1%A5%C7%A5%EB%A1%A1%A5%F4%A5%EB%A5%C8%A5%A5%A1%BC%A5%EC.jpg?20130729181253ヴルトゥーレの農協が破産。農家は葡萄を造り続けていましたが、誰も葡萄を買わないので、ファルネーゼが農協に出資することにしました。広大な畑がありますが、そのうち170haを選んでヴィニエティ デル ヴルトゥーレを造っています。
畑は火山灰土壌で、標高500m以上の高い所にあり、冷涼です。アリアーニコは晩熟ですが、成長過程では涼しい気候を好むため、適しています。ワイナリー自体も標高600mにあります。グリーンハーヴェストしています。平均樹齢60年で、中には80年のものもあります。樹が古いので、収穫量はあまり多くありません。晩熟なアリアーニコの収穫は11月で、機械を使わず手摘みです。朝の気温は8度位で、標高900mの場所では、雪が降ることもあります。有名になってきて、葡萄を売りに来るようになりましたが、良い農家とは契約して、農協より高い価格で買い取っています。
エノロゴのデニス ヴェルディキア(31歳)は、アブルッツオ出身。2年間アルゼンチンで修行し、アルベルト アンオトニーニに出合ったのが、参加のきっかけです。ここに来るまでは、アリアーニコの醸造をしたことはありませんでしたが、皮の薄さと実際に食べてみて、ピノ ノワールと同じようにやってみようと思いました。ニュージーランドにいた時に学んだピノ ノワールの醸造についての知識と経験が役立っています。例えば、皮が薄いためポンプを使うと攻撃的なタンニンが出てしまうので、ピノ ノワールと同じようにポンプを使わないといった具合です。デニスは、「バジリカータは素晴らしいエリア。アリアーニコは非常にポテンシャルの高い葡萄。根が地中深くまで這う品種で、ネッビオーロのような力強さがあり、非常に長く熟成出来る。この農協には十分な広さの畑があり、樹齢の古い樹も多い。やりたいことが何でも出来る。是非畑を見てほしい。」と語っています。

https://img15.shop-pro.jp/PA01239/897/etc/1%A5%E9%A5%A4%A5%F3%C3%BB.jpg?20130812173538

グループ一覧

商品一覧

おすすめ順 | 価格順 | 新着順

全 [3] 商品中 [1-3] 商品を表示しています


  • <
  • 1
  • >

ピックアップ商品